インプラント始める前の予備知識集

安全性について

顎の骨を削って金属のネジ(インプラント)を埋め込むというのがインプラントですが、ここだけを聞くと、なにか不安を感じるという方もいるかもしれません。
手術だというと、痛いのではないかと心配されるかもしれませんが、通常、局所麻酔をして行いますので痛みはありません。
しかし麻酔によって痛みがなくなっても、感触というのはなくなりませんので、人によってはそれが嫌だという方もいることでしょう。
そのような方のために「静脈内鎮静法」というものがあり、眠ったような状態で手術を受けることができるようになっています。
術後の痛みは治療内容による差や個人の感じ方に差があるものの、抜歯程度ですので耐えられない痛みというわけではありません。
ではインプラントは安全なのでしょうか。
インプラント体は、骨折したときなどに整形外科で治療する際に使用されるチタンが使われていますが、このチタンという素材は、アレルギーなども起こりにくく、体に調和する素材だといわれていますので、副作用などの問題もないでしょう。
しかし当然ながら100%無事な手術というものはありません。
事前の検査が不十分であったりすると再手術が必要になってしまうこともあります。
それで失敗しない治療のためには、しっかりした歯科医師を探すことが重要です。
信頼できる歯科医師の条件としてはさまざまなポイントがありますが、患者様の口腔内全体を考えた治療計画を立ててくれることや、親身になってカウンセリングしてくれるかは重要になってきます。
またインプラントをすると、その後は定期的に通うことになりますので、歯科医との相性というのも重要になります。
納得のいく医院に出会えるまで様々な医院に行ってみて、カウンセリングをおこなってみると良いでしょう。
また最近ではインターネット上で、過去の事例などを公開している公式ホームページなどもあるので、それらを見てきめるというのも重要です。
なかには安さだけでアピールしているようなクリニックなどもありますが、それなりの技術や設備があるのかをチェックしましょう。
しかしインプラントを成功させるかは、歯科医だけにかかっているわけではありません。
患者自身が定期的にケアをして、インプラントや他の歯のメンテナンスを定期的に行なっていくことが重要になってくるといえるでしょう。
インプラントを受けようとするには、上記にあげたポイントを考慮にいれて考えることが重要になってきます。

Copyright 2017 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.