インプラント始める前の予備知識集

さまざまなバリエーション

人の顔と同様に、人の腔内というのも違いがあります。
インプラントとは基本的には土台(人工歯根)、アバットメント(連結装置)、被せ物(人工歯)というパーツで成り立っているのですが、さまざまなメーカーがあります。
さまざまなメーカーがそれぞれの特色を出しているわけですが、インプラントの形態は、大きく分けて次の3つのタイプがあるといわれています。
シリンダー型、スクリュー型、スクリュー付歯根型という3つになるわけですが、欠損部位に最も適したサイズと形態に合わせてチョイスしていく必要があります。
さらにインプラント手術そのものに関しても、2回法といわれる2回手術をするものもあれば、1回で済ませることができる1回法というものもあります。
2回法は一般的なもので、骨移植・GBRなどの骨造成の手術をされる方、サイナスリフトをされる方などに採用されます。
それに対して1回法となっているのが、顎の骨の中にインプラント体を埋め込み、その際にアバットメントをインプラント体に取り付けるというものです。
この1回法のメリットとしては、歯肉の切開が1度で済むため、患者の負担が少ないという点をあげることができるでしょう。
またこの1回法で使用するインプラントは特殊なもので、被せ物との連結部分であるアバットメントとインプラント体が一体化したワンピースタイプを使うことになります。
しかし誰でも1回法ができるというわけではありません。
条件としては骨幅・骨質共に充分にあることが求められますので、場合によってはこれができないこともあります。
そしてこれら1回法と2回法ではインプラント体にかんしても違いがあります。
「2ピースタイプ」と「1ピースタイプ」があるわけですが、「2ピースタイプ」の特徴としては、インプラントとアバットメントをネジで連結してあります。
この「2ピースタイプ」はほとんどのケースで適用できますし、数種類の中からアバットメントを選択して連結でき、人工の歯の形態を変えることができます。
「1ピースタイプ」は、アバットメントが一体化したもので、おもに一回法に用いられます。
メリットとしては、2ピースよりも部品が少ないので、費用が抑えられる点や、ネジの緩みの心配がなく、強度に優れていることなどを挙げられるでしょう。
しかしこれはあごの骨の厚みが十分にないとできませんし、埋め入れたインプラントの方向で、人工の歯の形態がきまってしまうのがデメリットだといえるでしょう。

Copyright 2017 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.