インプラント始める前の予備知識集

インプラントの種類

最近注目されているインプラントですが、インプラントというのは1種類だけではなく、さまざまな種類があります。
基本的には「インプラント(人工歯根)」「上部構造」「アバットメント」という3つのパーツから成り立っているわけですが、材質に関してさまざまなバリエーションがあり、色々な方にあったものを選ぶことができるようになっています。
ちなみにインプラントは世界中で100種類以上で、日本国内では30種類以上もの種類があるともいわれており、インプラント製造会社によって規格が異なり、それぞれを組み合わせることは基本的には不可能になっています。
また日本では厚生労働省で認可されたものしかありませんので、安心して使うことができるようになっていますが、患者の同意があれば、歯科医師の責任の下でインプラントの輸入及び使用ができるようになっており、歯科クリニックのなかには、国内未認可の海外製インプラントで安くしているところもあります。
国内未認可であるから悪いというわけではありませんので、メリットやデメリット、リスク、過去の治療実績、トラブルが起こった場合の対応を参考にした上で利用してみるのもひとつの方法です。
では、具体的にはどのような種類がるのでしょうか。
まず挙げられるのが2ピースタイプといわれる、インプラントとアバットメントをネジで連結させるタイプです。
このなかにはエクスターナルタイプとインターナルタイプがあり、インプラントの接続部分が凸型になっているのか、インプラントの接続部分が凹型になっているのかで違いがあります。
さらに1ピースタイプというものがあり、これはインプラントとアバットメントが一体化しており、アバットメントにトラブルが発生した場合、インプラントごと撤去しなければならないこともあるので、場合によっては面倒になってしまいます。
これはインプラントは人によっても差がありますが、噛み合わせの変化や歯の汚れの停滞があると、インプラントが抜け落ちてしまったり、安定しなくなってしまうので、定期的に健診に行く必要があるといえるでしょう。
さらに材料に関してもさまざまな種類があり、基本的には骨との結合性が高いチタンになるわけですが任意の形状に成形でき、かつ形状記憶の特性があるチタン・ニッケル合金や、酸化アルミニウムである人工サファイアも使用されることがあります。
表面処理に関してもブラスト処理・酸処理・酸化処理・機械研磨処理の4つがあります。

Copyright 2017 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.