インプラント始める前の予備知識集

歯の審美性

歯というのは食物を噛むという側面もありますが、見た目の上でも大きな役目があります。
それで、そのような審美性にこだわるのでしたら、インプラントに加えて、矯正、セラミック治療、ホワイトニング等のテクニックを組み合わせることによって、より美しく見せることができるようになります。
この審美性においてもっとも重要とされているのが、インプラントに被せる歯(上部構造)になります。
現在ではかなり研究がすすめられており、明るい白色や自然なものまで、まわりの歯に合わせて選択することができるようになっていますので、さまざまな要望に添えるようになってきています。
またインプラントの周囲の歯をホワイトニングで白くして、その上でインプラントの上部構造も白いものを選ぶということで、より美しくすることを可能にしているというものもあります。
しかしここで注意したいのが、一旦作成した後は、ホワイトニング等で色を変えることができないということです。
そもそもホワイトニングというのは、歯そのものの白さを取り戻すというものですので、人工の歯や神経を抜いている歯では効果を期待することはできません。
このように審美性を向上させることで、どのような効果を期待することができるのでしょうか。
まず口のことを気にしないで会話を楽しめるようになったという方は少なくありません。
これまで歯が抜けたままであったという方などは、どうしても話している相手の目線が気になったりするものですし、同様に入れ歯をしていても金具が見えることを気にする方も少なくありません。
インプラントでしたらそのような点も心配しなくても良いですし、大勢のまえでも堂々と話すことが可能になります。
また歯を白くすることによって、清潔感や全体的な印象も良くなるといわれており、さまざまな方に好評を得ています。
さらにインプラントを入れることによって口のまわりの筋肉を使うようになり、シワが少なくなったり顔全体がひきしまったという方も少なくありません。
またこれまではオシャレをしたりお化粧をあまりしなかったという高齢な女性なども、歯がふたたび綺麗になったことによって若い時のようにオシャレになったという声もあります。
人によってはたかが歯といわれる方もいるかもしれませんが、健康はもとより精神面でも大きな影響を及ぼすのがこの歯になりますので、納得のいく治療ができるように、信頼のできる歯科クリニックを探すようにしたいものです。

Copyright 2017 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.