インプラント始める前の予備知識集

寿命について

ほかの歯の治療方法にくらべて寿命が長いといわれているのがインプラントになります。
しかし状況によっては修理や再治療が必要になる場合もあるといわれています。
例えばインプラントの破折、インプラント周囲炎の拡大、さらにはインプラントと被せ物との接着に使用したセメントの流出、被せ物の破損、連結しているネジの破損などアバットメントや被せ物に問題が生じた場合があります。
しかし基本的には、適切な治療・メインテナンスを行なっていくことで10年以上使用しても問題ないといわれています。
ではこのインプラントと同様によく採用されているブリッジ治療の場合には、その寿命はどのようになっているのでしょうか。
トラブルケースとしては、虫歯、歯周病など土台の歯に問題が生じた場合や、セメントの流出、被せ物の破損などの被せ物のトラブルをあげることができます。
しかしインプラントと同様に、適切な治療・メインテナンスを行なっていくことによって10年以上使用することも可能だといわれています。
さらに入れ歯の場合ですが、寿命はどのようになっているのでしょうか。
トラブルケースとしては、顎の骨、歯茎、その周囲にある筋肉などの変化や、入れ歯やクラスプ(部分入れ歯の留め金)などの破損、噛み合わせのすり減りなどを挙げることができます。
しかし入れ歯を使うと、顎の骨や歯茎が痩せやすくなってしまうため、3〜5年たちと形が変形してしまい入れ歯が合わなくなってしまう恐れがあります。
どのような治療方法を選択するにあたっても、寿命を延ばすためには決められた定期検診が必要不可欠だといわれていますので、担当の歯科医師の指示に従うことが重要になっていきます。
さらに重要だとされているのが食生活に関する点です。
決まった時間に食事をせずに、いわゆるダラダラ食いという食べ方をしていると、虫歯になりやすくインプラントなどの重要を短くしてしまう恐れがあります。
さらに重要になるブラッシングですが、歯科医師や歯科衛生士から受けた指導を守り、毎日時間をよくかけてブラッシングしていくことが重要になっていきます。
また、何かしらの違和感や異変を感じたら、そのままにしておかないで、すぐに歯科クリニックなどに行くというのも重要です。
インプラント治療などは費用も高いですので、再治療を受けなくても良いように日常ケアをしていくというのは、インプラントの寿命を延ばす上で重要なポイントになってきます。

Copyright 2017 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.