インプラント始める前の予備知識集

インプラントとは

最近とくに注目されているインプラントですが、どのような治療方法になるのでしょうか。
まずこのインプラントの構造ですが、3つの部分から構成されており、人工歯根(フィクスチャー)、連結部分(アバットメント)、人工歯(上部構造)という内容になっています。
それでまずは人工歯根をあごの骨に埋め込むことが必要になるので、外科手術が必要になります。
この手術をしてからは、骨と結合するまで3〜6ヵ月ほど待ち、インプラントに人工の歯を取り付けることになります。
ではこのインプラント治療にはどのような特徴があるのでしょうか。
まず挙げられるのが、インプラント治療は、健康保険が適用されない自由診療になるということです。
各歯科クリニックでも費用は異なってくるのですが、費用は1本30万円〜40万円ほどが相場になっています。
一見するとただ高いだけのように思えるかもしれませんが、ブリッジのように健康な歯を削る必要がないというメリットや、入れ歯のように付けはずしをする必要がないという点、さらにきちんとした手入れと定期的なメインテナンスさえしていけば、治療効果は半永久的に持続できるという点は高く評価されています。
また人によっては金属を骨に埋め込むということで安全性やアレルギー反応などを心配される方もいるようですが、この埋め込む素材はチタンという物質であり、金属アレルギーがでにくいことが知られており、熱伝導率が悪いのでトラブルになってしまう危険性もかなり低いといわれています。
また重さは鉄の約半分で、その強度は鋼以上だともいわれていますので、この点でも優れた金属だといえるでしょう。
ちなみに比較的安定だといわれているチタンですが、まれにチタンアレルギーになってしまう方もいらっしゃいます。
それでもしインプラントに際して心配があるというのであれば、治療の前に歯科医師に相談してみたり、歯科を受診する前に皮膚科に行ってみるというのは良い方法でしょう。
このように優れたところが多いインプラントですが、他の治療と比べ、治療期間が長いことなどデメリットも数多くあります。
また重度の内科疾患や心臓病、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症がある場合には、手術自体ができなかったり、健康体でインプラント治療をした方でも、治療後、定期的にメインテナンスに通わないといけないことなどが挙げられます。
このようなメリットやデメリットを理解してから治療するかを決めると良いでしょう。

Copyright 2016 インプラント始める前の予備知識集 All Rights Reserved.